タッチ練習日記 20130102

村上元旦マラソンの体育館控え室にて

(師)おい!ガマ、こっちだ!
(タ)師匠、ガマの母親だ。
(母)はじめましてガマの母親です(笑)
(師)ああ、どうもどうも!ガマの生みの親の大ガマですか(笑)
そしてトキランメンバーのかたも集まりだししばらくして、チョッパーのサンタバージョンがわたくし、ノーマルバージョンは師匠でスタート前に並ぶ。すぐ隣りにいた女性ペアがチョッパーのかぶりものにきづく。
(女性)あぁ、チョッパーだ、かわいいですね。
(師)ガハハ!伴走かわりますか、なぁガマ!
(タ)喜んで!師匠より安心できそうだ。
(女性)みんなで走りますか!とか言って速そうですね(笑)


と出だしから順調にぬいていく。そこそこのペースでいき、気づけば二位の親子の方と一緒になる。しかしもうゴール付近はもう少しのはずなのになかなかつかない。そしてここで予期せぬアクシデントが発生する、なかなかゴールにつかないので、周りにいる運営スタッフに道を尋ねるのだが、どうも必死できくにもかかわらずまったく事態を把握してない様子。そのおかげで、一緒に二位争いをしていた親子も、思わず本音がでる。せっかく県外からきたのに、このために練習してきたのに。視覚障害の方もでているんですよ!と訴える。
(師)完全にトップが射程圏内だったのにな、何十メートルか少し先にいたみたいなんだけど、ちょうど降りが強まり見失ってしまったよ。
(タ)まあこれも経験!こうゆうこともあるもんだと割り切るしかないですよ。過ぎたことを言っても時間はもどってこないんだから。しかし幻の一位にかわっちゃいましたね。まあペアの部はそれでも記録証だけで表彰はなかったからまだよかったですけどね。でもあの二位争いしてた子供はかわいそうですよね。練習もこのためにしてきたと言ってたし。一言物申すですね。まあ今はそれより次の10キロでいい走りをするだけですよ!
(師)そうだな。しかし倍近く走っちゃったな。もうおれは気がぬけたよ。


と、結局76位でフィニッシュ。続いて小田急さんと二回戦に突入!引き続き私はサンタチョッパーのスタイルでのぞむ
(小)前から四列目あたりかな
(タ)すぐ捌けるとよいですがね。とスタート!


初めは少し混雑し道も2キロより悪く思うようにすすめず我慢していく。二週目をすぎ半ばにもなるとだいぶ人もばらけていたのかな。シューズは水たまりでびしゃびしゃになるも小田急さんも道がわるいなか気迫で伴走してくれた。そして無事転倒もすることなく43分台でゴール!順位は35位であった。


(小)なんとかやりましたね。俺は10キロの自己ベストでました(笑)

(タ)ありがとうございました。この状況ではまずまずいいタイムなのでは内でしょうか!
と小田急さんは部門別で16位だったとのこと。
それから師匠も無事?震えながら完走する。
(師)いやあ、さみーよ。ふるえてるよ。
といいながらランチと温泉を満喫しにいく。
そこでうちのファミリーは先にランチをしていて後から合流した。師匠がそこでまた師匠節炸裂。
(師)ガマの甥だか?
(タ)姪だから!

(姉)ガマの姉です(笑)
(師)姪たちはガマに似なくてよかったね、ガハハ
姪達にも突っ込む。
(師)ガマガエルってわかるか?
と姪達姉妹も苦笑い。
(タ)はるか、あすか、このひとはへんなおじさんだからまともに言うこときかなくていいからな(笑)


とランチも食べ終え、温泉へ


(師)こいつね、サウナまるでだめだったんだよ。
よしおちゃんが
(よ)ガマちゃん、暑いのだめなんだ。
(師)まあよっぽどましになってきたけどね。こいつ寒いのは平気なんだよ、冬場アパート暖房はついてねーし、車のれば真冬に窓はあけてるし。
(タ)もやもやしたのだめなんです。
(よ)じゃあ暑いの克服したらもっとつーよなるね。

(タ)今日は大丈夫ですよ、とことんいます
(師)だいたいそういうとだめだからね、ほらみてみそろそろ限界だよ

(よ)ガマちゃん、もうきつい?
(タ)ぜんぜん大丈夫です、きついふりをしてるだけだから!もうここまできたら根性よ!ね師匠
(よ)アハハ(笑)
(タ)よし、ということで師匠もうあがりましょう。

(よ・師)アハハ

 

とあえなくあがり師匠たちとわかれ家の車で帰る。そこで姉が一言
(姉)師匠っておかしな笑い方するんだね(笑)
(タ)カッカッカッカッカッカッカ!あれが師匠の笑い方だから。
(姉)しかしなんでガマなの?
(タ)フォームが がまガエルだったからだよ。


本日はアクシデントもありましたがなんだかんだで非常に年明けから楽しませていただました。皆様ありがとうございました。

 

 

 

   

定例練習会ご案内

 

毎週水曜日 19:00位~20:30頃まで

場所: 新潟市陸上競技場 メイントラック

見学、入会ご希望の方はお声がけください

蛍光色の伴走ビブスが目印